ウーマン

芝生作りをする時には正しい情報を集めることが大切です

種の正しい保存方法

園芸

自宅で家庭菜園をしている人はとても多くいます。ホームセンターや通販などで野菜の種を購入することができますが、余ってしまった種を捨ててしまうのは勿体無いです。野菜の種を間違った方法で保存してしまうと、時間の経過とともに発芽率が落ちてしまいます。正しい保存方法のコツを知っておくことで1年後や2年後でも家庭菜園を楽しむことができるでしょう。野菜の種は電気や太陽などの光に長時間照らされてしまうと、ストレスがたまり品質が落ちてしまいます。また湿気にものすごく弱く、すぐにダメージを受けてしまいます。長い間野菜の種を保存する時には、「光・酸素・水分」の3つに触れさせないことがとても重要です。
食料を保存する時によく使われているジップロックに野菜の種を入れ、冷蔵庫で保存をするのが1番良い方法と言われています。また最近では、通販サイトなどで種を保存する専用の容器が販売されているので、そちらを使用することもできます。野菜の種の品質を大事にするには、必要な分の種だけを購入することがとても大切です。もし多く買いすぎてしまった時には、プランターの数を増やして一度で使い切ることがベストですが、できない場合は正しい方法で保存をするようにしましょう。特に家庭菜園が初心者の人でわからない人は、ネットで詳しい方法を調べておくことで野菜の種の品質を保ちながら、保存をすることができるでしょう。家庭菜園を始める時には事前に情報を集めておくことで、さまざまな種類の野菜を一度に作ることができるかもしれません。