ウーマン

芝生作りをする時には正しい情報を集めることが大切です

チューリップの栽培

花

球根から花を育てるのは専門的な知識が必要になりますが、チューリップはガーデニング初心者でも簡単に育てることができるので多くの人から人気があります。チューリップを育てる時には、植える時期や水やりの方法、肥料の与え方などの知識を知っておくことで、よりキレイに咲かせることができるでしょう。また日常の手入れ方法に工夫を加える事で簡単に手間をかけることなく、チューリップ栽培を楽しむことができます。
翌年も開花させるのに最も重要なのが球根の選び方です。不健康なものを選んでしまうと、花が咲かない場合があります。健康なものはサイズが大きく、ツヤがあります。手に持った時に少し重みのある球根が健康的な状態であるといえます。傷や破損、カビが生えている球根を植えてしまうと土やその他の植物をダメにしてしまう恐れがあるので注意しましょう。
植え付けの時期で1番最適と言われているのは、10月~11月の上旬です。球根は寒さや暑さにとても弱いので、時期が遅れてしまうと根が張らず、栽培に支障が出てしまいます。また植え付けを行う前には、球根用の消毒剤に10分~15分程度浸すとキレイな花を咲かせることができるでしょう。庭植えをする時には、植える深さや間隔を揃えておくことが大切です。あまり深すぎると、根がダメになってしまうので、2センチくらいの深さを目安にすると良いでしょう。水やりをする時には特に注意が必要です。
一度に大量の水を与えてしまうと、カビや腐れの大きな原因になってしまうので、少しずつ与えるようにしましょう。チューリップは知識がなくても簡単に花を咲かせることができますが、インターネットでさまざまな方法を見ることができるので活用してみるともっと楽しく栽培をすることができるかもしれません。また寄せ植えの方法や、肥料の種類なども知っておくとチューリップだけではなく、多くの花を球根から育てることができるかもしれません。